カードローンとクレジットカードの違いってなに?

ソニー銀行カードローンとクレジットカード、一見同じようなイメージを持つ人が多いものですが、実際にはどのように異なるのでしょうか。その違いは、発行する会社の違いと利用の仕方の違いにあります。
クレジットカードはクレジット会社が発行するカードで、カードローンは消費者金融が発行するカードです。クレジットカードは一般的には店舗で商品を購入する際に、お金の代わりに支払いに使用する物です。具体的には、商品を購入して精算時に店員にそのカードを渡すと、店員がそのカードを店舗にある精算機に読み取らせることで、クレジット会社のコンピューターに情報が送信され、購入ができることになります。その代金はクレジット会社が一時的に店舗に支払い、後日利用者に請求されると追う形になります。
一方、カードローンは基本的にATMでお金を借りる事ができる物で、商品を購入した際の支払いには使用出来ないため、商品を購入する際には一度ATMでお金を借りて支払うことになります。
又、クレジットカードの多くはキャッシング枠が有り、お金を借りる事ができる機能が付いています。カードを作成する場合にはカードの限度額としてショッピング利用枠とキャッシング利用枠を指定することになっており、それぞれ別々に設定することになりますが、カードローンの場合にはこのような指定は有りません。又、審査の方法もクレジットカードの場合には審査が厳しい場合が多いのですが、カードローンは他社の借入れが少なければ審査が通る場合が多いのです。