オリックス銀行カードローンで年収が問題になったときの体験談

オリックス銀行カードローンでは、仮審査と本審査の2つの審査をクリアしなければなりません。仮審査に通過すると、金利や限度額などの詳細な契約内容を伝えられて、その内容でよければ正式に契約を結ぶために本審査へと進みます。本審査では、本人確認書類や必要に応じて収入証明書を提出して、職場への在籍確認が行われて、問題がなければ最終的な意思確認の後、カードが発行されます。

私はオリックス銀行カードローンに申し込みをしたとき、仮審査には通過しましたが、希望をしていたのが120万円だったのに対して、審査結果は限度額50万円になってしまいました。私にとって、120万円を借りられなければ意味がなかったので、オペレーターさんになぜその結果になったのかを尋ねてみましたが、独自の基準で審査をしているので、理由については教えられないようでした。

私は1社から120万円を借りることは難しいのだろうと思い、とりあえず50万円で契約をして、消費者金融なども検討することにしました。私の年収は、400万円台であり、総量規制の「3分の1」という条件はクリアしています。しかし、どうやら新規で借りるときには、年収の1割から2割くらいになることのほうが多いようです。

また、銀行のローンでは総量規制はかかりませんが、やはり銀行で借りるときにも、いきなり年収の3分の1以上を借りることは難しく、信用を上げていく必要があるようでした。消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠を利用することで、希望額を借りることができましたので、オリックス銀行カードローンで50万円でも借りられたことはメリットとなりました。